EQUIPMENT設備・仕様

STRUCTUREfor permanent quality

安心の居住性能を支える強靭な構造も、永住品質。

直接基礎地盤調査の結果、建物の自重などを支える堅固な支持地盤が地下浅くにある為、建物基礎下で直接支える「直接基礎」を採用しました。

鉄筋コンクリート造(RC造)熱と酸化に弱い鉄をコンクリートで覆うことで腐食を防げるので、RC造は、耐震、耐火性に優れ、高強度で耐久性にも優れています。

柱構造コンクリートの厚さ(かぶり厚)が大きいほど、鉄筋が外気や雨に触れ腐食するのを防ぎます。十分なかぶり厚を確保し劣化対策を行います。

梁構造耐震上重要な構造部材となる大梁には、強度の高い主筋を使用。主筋を拘束するあばら筋を配し、強固で優れた耐震性能を確保します。

外壁構造外壁は、鉄筋コンクリートの壁に硬質ウレタンフォームを吹き付け、その上にプラスターボードを張るGL工法を採用し、断熱性を高めました。

戸境壁構造各戸の戸境壁には、配筋を二重に組むダブル配筋を採用し、シングル配筋に比べ躯体の強度を向上させた、安心の構造となっています。

二重床・二重天井構造住戸間のコンクリートスラブは約250~300mmの厚さを確保。遮音性が良い二重床、照明配線のレイアウト変更もしやすい二重天井です。

断熱構造夏涼しく、冬暖かく暮らすには、室内の空気を逃がさないことが決め手。断熱材を構造躯体の内側に施し、空調効率を高めています。

玄関ドア面内変形追随性地震の揺れでドアの枠が変形する場合を考え、適度なクリアランス(隙間)を確保し、変形しても、女性が内側からドアを開けることが出来ます。

検査体制マンションの基礎工事から完成した内装に至るまで、売主・設計士・建設会社などによる徹底した検査を行っています。

住宅性能評価制度マンションの品質・性能について、売主や販売会社という主観ではなく、国により指定された第三者機関による客観的視点において性能評価を行う、住宅性能評価制度を採用しています。お客様にご納得いただける材料のひとつとしてご参考ください。

※掲載の写真・イラストはメーカー資料および、弊社施工例等のイメージです。タイプにより含まれないものや、設備・仕様等が実際とは異なる場合があります。